季節家電 エアコン

エアコン買ってはいけない時期や安い時期とは?メーカーやサイズ・畳数・お掃除機能も注意すべき?故障多いメーカーもご案内

「エアコン」を検討中のお父さん・お母さん!

 

「エアコン」に買ってはいけない時期などがあるの知っていますか~!

 

「安い時期は?」や「注意すべき点は?」・「故障の多いメーカーは?」とか不安になるキーワードが気になるし、高額なエアコンを買う時って失敗したくないですよね!

 

でも、ここが一番お伝えしたいことですが!

結論としては…

 

この記事を読むことによって、「購入失敗する確率」がぐ~んと下がりますよ。

 

これから「エアコン」を買おうか迷ってる方はこの記事を読むことによって、エアコンをお得に購入することができるようになります。

 

今回は、「エアコン」についての疑問や不安についてお答えしていきますね!

 

この記事を読めば「エアコン」の疑問や不安点がスッキリ解消できます。今から購入検討中のお父さん・お母さんは注目です!

 

エアコン買ってはいけない時期や安い時期とは?

さて、エアコンを購入するときは、この「買ってはいけない時期」を避けるだけでストレスなく買うことができますので参考にして下さいね!

 

エアコンを買ってはいけない時期は?

 

ズバリ7,8月です。

一番の理由は、夏の暑い時期は注文が物凄く殺到します。

そのため、設置業者が手一杯になり購入から設置するまでの期間が1ヵ月先になる場合もあります。

 

混雑時期にエアコンを購入した口コミを探ってみると

・8月に購入したエアコンが9月に設置された
・取付業者の態度が悪い

 

8,9月に購入すると余りいいことはなさそうですね。

 

エアコンが安い時期は?

 

エアコンが安いと言われる時期は以下の2パターン

①9~10月(決算セール・モデルチェンジ時期)
②12月後半~3月(年末・ボーナス・初売りセール・年度末セール時期)

 

〇〇セール時期を狙うと大幅な値引きも期待できるのでおすすめです。

 

 

エアコン買ってはいけないメーカーとは?

 

・プライベートブランド
・知名度の低いメーカー
・中古のエアコン

 

エアコン買ってはいけないサイズや畳数は?

 

エアコンを購入するときは「〇〇畳用」を目安にすると思いますが、そこには落とし穴があります。

 

実は、エアコンの畳数の目安は1964年に制定された無断熱住宅が基準。

 

家の構造によっては一回り大きめのサイズを選ぶことになり無駄な初期費用を支払ってしまう恐れがあります。

 

過大能力のエアコンを買ってしまうと、購入費用や毎月の光熱費が高くなってしまうかもしれませんね。

 

最大暖房能力別で見ると以下の3ランク

①6畳用と8畳用
②10畳用と14畳用(100V)
③14畳用(200V)

 

【おすすめの購入サイズ】

・6,10,14畳

【買ってはいけない購入サイズ】

・8畳・12畳

 

 

お掃除エアコンは買ってはいけない?

 

自動おそうじ機能付きのエアコンって、「掃除にしなくていいの?」の思っていたら大きな勘違いです。

 

自動おそうじ機能付きのエアコンのデメリットは主に3つ

①壊れるリスクが高い
②エアコン自体が高い
③エアコン分解洗浄代金が高い

 

 

エアコン故障の多いメーカーとは?

 

ネット上を調べてみるとエアコン故障の多いメーカーは2つ。

・シャープ
・東芝

 

2社とも他の家電では優秀ですが、エアコン部門は弱いと言われています。

 

故障が少なく人気の高いメーカーは以下の5つ

・パナソニック
・ダイキン
・富士通
・三菱電機
・日立

 

いかがでしたでしょうか!

これからエアコンを購入する方はぜひ参考にして下さいね!

-季節家電, エアコン